goodnews

goodnews


release


goodnewsgoodnewsgoodnews

Cover Illustrationは細谷由依子氏。ファッション誌「zyappu/ジャップ」、「Haper's Bazaar」などで活躍。bounceのウェブサイトに彼女のインタビューがあります。

release



copy


goodnews


1. He Looked Beyond My Fault〜Amazing Gracegoodnews
2. Just Closer Walk with Theegoodnews
3. Surely God Is Ablegoodnews
4. It Is Well with My Soulgoodnews
5. Pass Me Notgoodnews
6. His Eye Is On The Sparrowgoodnews
7. How Great Thou Artgoodnews
8. Blessed Assurancegoodnews
9. Jesus Savesgoodnews
10. What A Friend We Have In Jesusgoodnews
11. I'll Fly Awaygoodnews
12. Precious Lord, Take My Handgoodnews

唄を聴く為にはReal Playerが必要であります。←無い方ClickでDownload可。

Copyright 2001 RENTRAK JAPAN CO., LTD. All rights reserved.

INFORMATION→RENTRAK ENTERTAINMENT 03-5448-0949

CDのお求めは、お近くのTSUTAYA、Tower Records、HMV、WAVE、山野楽器などなどで。
「Gospel, The Good News!」入荷店リストはこちら→リスト

★Gospel, The Good News!
「ゴスペルはグッドニュース!」
RECS-00001・¥2,880 (tax in)・¥2,667 (tax out)


●ゴスペルの歴史のなかで、ずっと愛され歌い続けられてきている、これぞ”ゴスペルスタンダード”っていう、問答無用のラインアップをNEW YORK/NEW JERSEYのプロデューサー、ミュージシャン、クワイアの協力を得て全曲オリジナルレコーディング!2001.7.18 (Wed) Release!

●参加artists:

強力なメンツがそろいました。まいった。


・Sound Producer: Sheldon "So Goode" Goode

Basic Trackに関するproducerとしては、OutkastやToni Braxton,TLCなどと共にLaFace Recordsに所属するDonell Jonesのproduce, songwritingで有名なSheldon Goode氏を起用。ゴスペル、R&B、問わず、Patti LaBelle、James "J.T." Taylorをはじめ、これまで数々の大御所アーティストのレコーディングにプレーヤーとして、そしてプロデューサー/ミキシング・エンジニアとして参加してきた、大ブレイク間近の人物です。現在babyfaceの新作レコーディングにも参加しています。本作では、Drums、Guitar、Mix...そしてVocalまで一人何役もこなし、多才さを見せつけてくれました。

またキーボードのJames Perryは、ゴスペルミュージック界ではひっぱりだこのミュージシャンで、Rev. James ClevelandやRev. Milton Biggham/Georgia Mass Choir、Dorothy Norwood、Marion Williams、New Jersey Mass Choir、Montreal Jubilation Gospel、New York Restoration Choir、GMWAなど、数え切れないほどのゴスペルセッションをこなしてきたキー・プレーヤーで、NYのHouseシーンでは有名なBody & SoulのコンピレーションCDにも参加していたり、とにかく彼のピアノやハモンドは一瞬聴いただけで、うぉおお、これぞゴスペルだと確信させてくれます。

そして、BassのVernon Croweも90年代からゴスペル界で頭角を現してきたプレーヤーで、Rev. James Cleveland、Dorothy Norwoodなどのセッションに参加。今回はSheldon、Jamesとともに、アレンジでも大きな役割を担ってくれました。

・Singers:

Georgia Mass Choirで有名なRev. Milton Biggham氏がレーベル・プロデューサーをつとめるMalaco(Soul、R&B好きな方なら、うおおっーと叫ばずにはおれないレーベルでしょう)のGospel部門/Savoyからリーダー・アルバムを2枚発表しているDonald Malloy氏を中心に、Tramaine HawkinsやDonnie McClurkinのレコーディングに参加しているSherry McGhee、同じくDonnie McClurkinのクワイアからHeather Convington、そして現在某メジャーR&Bレーベルと契約の話し合いがされているというブレイク間近のシンガー、Billy Covingtonなど、若手の実力派がリード、クワイアに勢揃い。またRev. Milton Biggham氏と彼の教会、Mt. Vernon Baptist Churchには全面的に協力していただきました。



smallhouse


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


今まで日本でもGOSPELのスタンダードアルバムがリリースされてきましたが、その多くは過去の音源をコンピレートしたもので、音源の時代にもばらつきがあることが多く、またアメリカでは、逆にオリジナル曲中心のGospel Albumが多い状況があります。

いつか、ContemporaryなBlack Gospelシーンをトータルに表現したクオリティの高いゴスペルスタンダードアルバムを新しくレコーディングできたら最高だとずっと感じていました。

そして、今回このコンセプトに賛同してくれたChicago/New Jerseyの強力なプロデューサー、ミュージシャン、シンガー、クワイアの協力を得て、"GOOD NEWS"レーベルの第一弾として、"GOSPEL, THE GOOD NEWS!"をリリースすることができました。

長い間黒人教会で歌い継がれてきたゴスペルスタンダードを、若手のGOSPELミュージシャン達が自分たちのスタイルでReconstructした、”新しいゴスペルスタンダードアルバム”です。

かなりFunkyな一枚に仕上がりました。

Bibleも読んだことないし、教会にも行ったことないよって方々には、今までなかなか伝わりにくかったゴスペルの歌詞というものも、僕が自分で読んでしっくりくるようなわかりやすい対訳をつけましたのでぜひチェックしてみてください。その他、ライナーノーツも含め、充実したブックレットとなってます。

堪能してください。

サイン

mail