◆Optional Tour◆


気持ちの良い朝、ニュージャージー州ニューアークに位置するホテルからバスに乗って、 ハーレムの教会を巡るオプショナルツアーへ出発。 ルートは次のとおり。
The Cathedral Church of St.John the Divine
The Riverside Church
Abyssinian Baptist Church
Schomburg Center for Research in Black Culture
(→五番街で解散)

The Cathedral Church of St.John the Divine
モーニングサイド・ハイツ・エリアにある世界最大のゴシック様式の大聖堂。 100年以上の歳月をかけてなお未完成(1892〜Unfinished)で、完成予定は不明。(資金難らしい)
The Riverside Church

名門コロンビア大学の北側に位置する教会。高さ約120mのゴシック調の塔が目印である。 塔には74の鐘があり,上までのぼることもできる。(2002年夏まで改修工事中で 塔には登れない)教会内には劇場やビジターセンター,カルチャークラブまであり, ガイドツアーも行われている。
Abyssinian Baptist Church

本場のゴスペルが体験できると日本のガイドブックなどにも紹介されている教会。 残念ながら工事中で見学できませんでした。
Schomburg Center for Research in Black Culture
アメリカ黒人およびアフリカ文化のコレクションを持つ、 ニューヨーク公立図書館の分館。アメリカに黒人が奴隷 として連れられてきてから、現在までの人 種差別と 闘争の 歴史が、そしてアメリカ文化の一部となっている 黒人文化のヒーロー達が写真展示されていた。 いかに自由と開放への叫びがゴス ペルに刻み付けられているのかが 実感される。
参加者の声
ハーレムは行ってみたいけれど、一人じゃ恐い かなと思っていました。 いろいろ解説してもらい ながら、教会や黒人博物館などをまわれて良か ったです。 みただけではわからない歴史的な事 とか、事件とかを知りました。 噂に聞くアポロシ アターの前を通った時には、なんだか不思議な 気分。 これが現実なのか、TVで見る映像が現 実なのか。《A》
参加者の声
いろいろな教会をめぐりましたが、そこでは塩谷さんの言う 「活きている教会と死んでる教会がある」というのを実感しました。 振り返ると、Mt.Vernonは本当に活気に溢れ、 Gospelが欠かせないものとなっていました。 歌って当然という感じで。行ってよかった。《T》
参加者の声
クラスでゴスペルを知って、好きになって、ツアーの話があって行きたいなぁ〜と思いました。印象に残ったのは礼拝です。が、いろいろな経験し、考えるところがありました。延滞中にセントラルパークで世界の平和をみんなで祈り、心から祈りました。日本に帰ってきて、あたりまえのような平和になんともいえない感じがしました。あと、村祭り?のあと、参加者みぃ〜なで輪になっ「Amazing-Grace」を歌って一体感を持てたのも印象的でした。《K》


TOPへ戻る